読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仰せの通りに、失う前に。

今日もジャニーズに沈んでいく。そんなジャニオタの日記。ゆるくて話に一貫性がないのはご愛嬌。

ジャニヲタ達の溝は深すぎて夜明けはこない

どうも〜『金閣寺』が読み終われず、『項羽と劉邦』に逃げているagashです〜。あ、この始まり方気になります?気にしないでください。

まぁ、今日はさっさと本題に行きましょう。

パリピポは見たんで感想は今度ちゃんと書きます。


さて、本題。なんで今日こんなことを書いたかというと、パリピポを見てたらMCでDDという言葉が出てきたんですよ。DD通称誰でも大好きというジャニヲタが使う言葉をジャニーズから聞くとは思わなくて(agashは同担ダメだと勘違いしていたが)驚いていろんなワードで検索を掛けたわけですよ。そしたら多種多様なジャニヲタ様達がいらして。


あ、こりゃジャニヲタ和平はいつまでたっても無理だ。

と思ったわけですよ。

これから理由をあげていこうと思います。

1.多種多様すぎるジャニヲタ。

多くの溝を生んできた原因はここにあるのじゃないかと思う。

例えば、

DDと一途

自称ふわふわと自称キチガイ(この言葉使いたくないんだよな…)

同担拒否の争い

事務所担と単一担

新規と古参


だーれも、相手の気持ちなんて分かるわけないんですよ。私だってそりゃ自称ふわふわも自称キチガイの気持ちなんて一生わかりっこないですよ。それなのにツイッターのプロフィールから戦争ぶちかますんじゃないかぐらいの人がいるわけで。できれば穏健に行きたい保守派としてはなに言ってんだこの人みたいなことはしばしば。(若い子によく見られるなんて言ったら怒られそう)ジャニヲタが沢山いる限りはこの抗争が収まることはないだろう。


2.増えすぎたジャニーズによるメディア争い

メディアは限られているのに、出る人は増えていく。枠がないんですね。就職でいうならひと昔前のような。そんなメディア氷河期の時代に事務所はあるいけないことをしてしまった気がします。


よし、後輩と絡ませよう!という短絡的な共演。


共演といっても、もちろんレギュラー番組にゲスト出演程度だったら荒れない、いやむしろ大半歓迎といういいものになるわけだがなにを勘違いしてか「コンサートや舞台、番組を同時に主役しよう」ということを始めたわけである。その一例が「ワクワク学校」であり、「ヒルナンデス」、「レコメン」なわけである。後輩を出したいが枠がないと行き詰まった先に出された回答がコレでジャニヲタ達の世界では大荒れに荒れた(ている)。その威力はハリケーンをも凌ぐほど。石橋を叩いて割るような臆病者の私は怖くてツイッターなんか開けなくなるんですね。こうなると。(まあ、この記事を書くために見ましたけど。いやぁ、顔も見たことない人たちの争いって醜いですね〜)

レギュラーはやめてから時間を少しおかないと、傷に塩を塗るようなものな気がする。舞台は倍率がより高くなってしまうことを考えていないのだろうか。つくづくこの方針には呆れるところがある。その話は前にもブログで紹介した気が…。


3.ジャニタレの発言

最後で結局それかいみたいな理由ですね。

結果これなんです。すみません。


ジャニーズもジャニーズでいろんなこと言ってますからね。


「新規の人も大事にするよ〜」って人から

「いつも来てくれてありがとう」って贔屓する人まで

「結果、俺たちのところに戻ってきてくれればいいから」っていう人もいれば

「浮気したら素焼きにする」っていう人までいる。


正直、ジャニタレの言を借りて自分の意見を正当化するのは「んー」と言ったところだろうか。


ということでグズグズと久しぶりの記事を書いてきました。私のブログを見て、反論したい人だって沢山いることでしょう。

そういうもんです。

よくわからない、だから夜明けはこないと私は思います。

いつか、和平できていたらそんな世の中に恐ろしさを感じます。


では、

おやすみするがよくわからない。


あぁぁぁぁ、途中で文章が崩壊してる!