読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仰せの通りに、失う前に。

今日もジャニーズに沈んでいく。そんなジャニオタの日記。ゆるくて話に一貫性がないのはご愛嬌。

勇気を出してジャニオタは一人カラオケ

どうも〜メッツのCMが欲望のレインに聞こえてる、結構おかしくなりかけてるagashです。もうそろそろこの始まりと終わり方を考えたほうがいい気がする。いつの間にか長い一文プラスagashですという定型文から始まりおやすみんみんぜみとか言うようになってたんですが、

これ、いつか叩かれるんじゃないか?

となにわぶ誌を見てようやく気付いた。

他の始まり方と終わり方を考えねば。

まぁ、こう本題に入るまでがものすごく長いんですよね。

じゃ、本題行きましょうか。


そうです、一人カラオケ略して「ヒトカラ」してきました。


これ、勇気いる。

入るまでが手強い。

「店員さんに『うわ、ボッチだかわいそ笑』」

って思われるんじゃないかとうじうじと考えながら店内へ入ると、


なんということでしょう

店員さんは案外普通に接客をしてくれるじゃありませんか…!


接客態度だけでまず感動。

さぁ、お部屋へと案内され

いざヒトカラ


…部屋が無駄に広い。

これ、悲しい。全力で友達のなさをアピールしてくる。


無駄に持て余す、部屋。


なに歌おうかしらと悩み一曲目は、

「君が思い出す僕は君を愛しているだろうか」


…暗い!!余計寂しくなるわ!


そう思った私はテンションを上げようとこの曲を選択


「ええじゃないか」


なんもよくないわ!!

ひとりええじゃないかとか悲しすぎて途中で止めたくなったわ!!

ジャニーズWESTのテンション高い曲は一人で歌うには中々辛いものがあります。

「キミコイ」までが限界です。「summer dreamer」とか何人ものパートひとりで歌えません。


落ち着いた曲をと次に選択した曲は

「渚のback in your heart」「shower gate」

そして「moonlight walker」

「moonlight walker」が中々キツい。なにがって、メンバー5人いるわけですから声の高低差が大きくて「あーーー、追いつかない」ということが起きます。


「誰か歌って!!」


ができないというヒトカラの真実を知る。


そして、男の人の曲ばかり歌っていたことに気づく

「やっぱ友達と行ったときのために歌う曲も考えなきゃな」

とか、余計なことを考え出す。

そして、


「I need to be in love」を選曲。


同世代の子、わからないよ…!!

かろうじて、未成年の主張見てた人にしか伝わらない!!

多分、これ読んでる人の中でも

「誰の曲?」とか思っている人いると思います。

そんな方は、調べてください。


そんなこんなで、同世代に合わせるために選曲をする

「Let it go」「Call me maybe」「スターライトパレード」「ミラクル」「フィーバー」


誰ですか、いま「少し流行から遅れてる」とか言った人。

あと「フィーバー」って誰の曲?とか言った人。

パスピエです。

ここにきてもパッとこない方いると思います。

調べてください。ミラクルフィーバーではありませんよ。


これを見てお気づきだろうか…

そうです、季節感が全くない!!

夏とか冬の曲ばっかり!

そこで季節感を出すために選曲。

「SAKURA」「花は桜君は美し」

これを歌って、思った。

「悲しい」

振り出しに戻ってしまいました。


そして、今回気付いたヒトカラの弱点は

「ドリンクを取りに行くタイミングがわからない」

「電話に出ると、歌えなくなる」

初歩的な問題が明るみに出てきました。

ただ、

「自分の好きなように選曲できる」

「下手でもばれない」

などの利点もあるのでね、また他の店でもトライしたいと思います。


では、おやすみみたぶ。


P.S.

bayじゃないかを聞いて思い出しましたが、私はこの話をしたらドン引きされました。でも私は声を大にして言いたい。

ひとりはいいぞ